HOME>イチオシ情報>楽しい数あそびで基礎力と応用力を身につけよう

数字が楽しくなる教室へ

子ども

最近人気が高いのは、幼児の算数教室です。算数教室は、算数の基礎力や応用力を楽しく身につけるため、幼児が興味を持ちやすいようゲームなどを採り入れて数字に慣れ親しむ場になっています。小学生になるとすぐに九九を習いますが、リズムよく同じ計算に慣れ親しむことで、人生で役立つ知識をしっかり身につけられることは誰もが経験済でしょう。また数字の世界に触れることは、物事を整理する力、効率よく考える応用力を身につけることにもつながります。ただし幼児のうちはあまり難しくとらえ過ぎず、「数字は楽しい」「数字は面白い」という感覚を育むことを目的として教室に通うのもよいでしょう。そうしたポリシーで運営している教室はおすすめです。

どんなことが学べるのか

幼児に算数を教える教室ときくと、いったいどんなことをするのかと心配になる方もいらっしゃるでしょう。ただ、優れた教室ならそんな心配はありません。例えば一緒にお風呂に入ったときに「10までかぞえて出る」といったように、数の概念を自然に教える教育は多くの家庭が実践しています。教室でもそうした理念で子供に接し、数字の基礎を学べるよう適切な教材を使って算数に取り組めるよう工夫しています。文字もまだあまり読めない幼児でも、楽しく数に触れることができる教材が揃っているのが優れた算数教室の特徴と言えるでしょう。

小学校から大きくリードを

例えば幼児の算数教室では、子供の興味を惹くイラストなどを使い、「数」の概念に自然に触れられるよう工夫をおこなっています。ある程度数をかぞえることができたら簡単な足し算や引き算につなげますが、そこでもいきなり式を解かせるようなことはしません。生活の中で自然に起こる足し算や引き算をケーススタディすることで、子供が楽しく数の理解を深めていくことが目的です。理解が早ければ幼児期にすでに時計が読めるようになるため、小学校へはすでに大きくリードした状態で入学することができるでしょう。